パスタを茹でている間に

・村上春樹作品について、偏見たっぷりに独自の読み方で考察しているブログです。・基本的に「テーマは何か?」の結論から書き始めますので、ネタバレです。・ただし、未読の方に対する配慮として、あらすじは省略しています。・断定的な表現で文章に不快感を持たれる方もいらっしゃると思いますが、「言いきる」ことを目標にしています。・ご了承ください♪

チェーホフ著『ワーニャ伯父さん』と村上春樹著「ドライブ・マイ・カー」

今回はチェーホフの『ワーニャ伯父さん』をご紹介します。本当は記事にするつもりはなかったのですが、面白かったので単体で取り扱うことにしました。本当は当時のロシアの情勢や、結婚事情、恋愛観など内容が盛りだくさんの悲劇ですが、今回はただ一点、村上春樹著「ドライブ・マイ・カー」との繋がりについて考察します。

 

 

ワーニャ伯父さんのあらすじ

「ワーニャ伯父さん」を要約するのは難しいですが、頑張ってあらすじをまとめたいと思います。

  1.  舞台は19世紀の終わりごろのロシア。ワーニャ(47歳)には妹がいて、25年前、妹は都会に住む大学教授と結婚した。その際にワーニャ兄妹の父(枢密院議員・三等官)は借金をして田舎に領地を買い、結納金代わりに妹の名義にした。婿である教授に対するワーニャの家族の態度は崇拝に近いものがあり、仕送りなどをして支え続けた。ワーニャの父は借金を残して亡くなってしまうが、ワーニャは妹の領地・屋敷を守るために土地の相続権を放棄し、借金だけを背負って領地の経営に尽力し、婚期も逃してしまった。(実質的に領地の経営はワーニャの家族。) 
  2.   教授夫妻は娘・ソーニャをもうけるが、婦人(妹)は10年前に急逝してしまう。(「ワーニャ伯父さん」は姪のソーニャから見た伯父さん)その後もワーニャの家族は教授を支え続けるが、ソーニャは都会を離れ、ワーニャの元で仕事を手伝っていた。(ソーニャはおそらく母の死をきっかけに移住した。) 教授はその後、後妻・エレーナ(27歳)を娶り、定年で教授職を辞めて収入が減ったのを機に、都会での生活を諦めてワーニャ家族の屋敷へ夫婦で隠居してくる。
  3.  高齢の元教授はリウマチやら痛風やらで昼夜を問わず喚き散らし、ワーニャたちの生活を掻き乱した。屋敷には10年来の親交のある医師・アーストロフ(40歳手前)が出入りしていたが、老教授は病気を看に来た医師に対しても悪態をついた。ワーニャや屋敷の下働きは老教授に愛想を尽かすが、ワーニャの母だけは崇拝し続けた。かつては働き者だったワーニャは、老教授に振り回されつつ、美人の後妻・エレーナに恋心を抱き、仕事が手につかない。
  4.  ワーニャはエレーナにアプローチするが無下に断られる。医師もエレーナに想いを打ち明けるが、同じく断られる。しかし、エレーナは医師に対してはまんざらでも無い様子。そして、ソーニャは医師に6年間の片想い中。(ソーニャの現年齢は不明だが、少なくとも継母よりも下で、結婚適齢期。)そんな中、元教授が「領地を売り払ってフィンランドに別荘を買う」と提案したので、領地はソーニャが相続すると思っていたワーニャは激昂する。

問題の抽出 幸せはどこにあるのか?

 全体的になかなかのカオスです。
 ワーニャの家は三等官のかなりの貴族です。しかし、土地が悪いのか領地(荘園のようなもの?)経営は厳しいようです。教授を婿に取りさらなる発展を望んだようですが、教授は現役を退くと過去の人になっています。当時としては最先端?の写実主義自然主義を研究していたようですが、人々の暮らしを良くする学問ではありません。
 あらすじでは省略しましたが、医師・アーストロフは環境問題に熱心に取り組んでいて、植林をしてみたり、無秩序な森林伐採に懸念を抱いています。また、農家の暮らしぶりや無学からくる貧乏と病気に関しても、医師の悲観的な愚痴で紹介されています。
 ソーニャは複雑な人間関係を仲立ちし、誰に対しても公平で優しいです。金目当てと揶揄される継母に対しても、恋愛相談を持ちかけるなどして、花を持たせます。激昂し、取り乱すワーニャ伯父さんを優しくなだめるのもソーニャです。周りに尽くし、時に頼ることで皆の良い面を引き出し(計算無しで)ますが、家族はバラバラになってしまいます。

 他にも色々とあるのですが、こんな感じの盛りだくさんの内容です。しかし、私が注目したのはあらすじの抜き出し方からも分かるように「ワーニャ伯父さんの生き方」です。
 人生のほとんどを労働に費やしています。生きることは働くことで、働き方が生き方です。
 

関連する作品

The Beatlesの「Drive My Car」

「Drive My Car」は古いブルースで、「性的関係の隠語」として使われているとのこと。しかし、村上春樹著「ドライブ・マイ・カー」とはあまり関係がなさそうです。無理に関連付けて読むことも出来ますが、「ワーニャ伯父さん」との繋がりが無くなってしまいます。

映画スターを夢見る女の子が、ボーイフレンドに軽口を叩いている歌です。


www.youtube.com

 

「私がスターに成ったらあなたを私の運転手にしてあげる♥️」
「でも、僕だって将来有望だよ?」
「安月給で働くよりも、もっと良いものを見せてあげる♥️」

 

こんな感じに「生き方=働き方」を話しています。
しかし、そもそもなんですが、村上春樹著「ドライブ・マイ・カー」のタイトルが、The Beatlesからの引用であることは著者は特に明言していません。(私の見落しかも知れませんが、)

Drive My Car」を聞いていると、曲の終わり頃に耳が「Norwegian Wood」のイントロを待っていますよね?♪

 

全力考察 働き方=生き方

「ドライブ・マイ・カー」と関連付けて考えると、「働き方=生き方」というのが、共有されているテーマです。老教授の提案によってワーニャの人生が全否定されてしまいます。
「ドライブ・マイ・カー」の家福の生き方は俳優として演じることなのですが、演じることは私生活にまで及んでいます。
こんなところを踏まえて、次回は「ドライブ・マイ・カー」を考察します。

まとめ 手段と目的

労働は幸福を追求する為の手段です。手段に「生き方」を捧げてはいけません。ハンドルを誰かにあずけることがあったとしても、目的地は自分で決めなきゃなりません。
能力が労働と直結し、能力の発揮がそのまま目的になっている幸福な人もいます。しかし、多くの人は自分の人生を時間単位で切り売りするしかありません。当然のことなのですが、当然なのでしょうか?