パスタを茹でている間に

・村上春樹作品について、偏見たっぷりに独自の読み方で考察しているブログです。・基本的に「テーマは何か?」の結論から書き始めますので、ネタバレです。・ただし、未読の方に対する配慮として、あらすじは省略しています。・断定的な表現で文章に不快感を持たれる方もいらっしゃると思いますが、「言いきる」ことを目標にしています。・ご了承ください♪

村上春樹の『二重メタファー』 二重構造の認識システム

二重構造の概念メタファー

結論 村上春樹の『二重メタファー』とは、人間が生物として生得的に備えていた認識システムを、新たに獲得した「社会で共有する認識システム」で覆い隠してしまったために生じた弊害を指しています。

 

 

騎士団長殺し』の二重メタファー

承転結 

 村上春樹著『騎士団長殺し』で提示された、「二重メタファー」についてですが、長らく意味が分かりませんでした。

 ですが、ひとつの仮説として「二重構造の認識システム」という読み方を示したいと思います。

while-boiling-pasta.hatenablog.com

 

騎士団長殺し』では、
「二重メタファー = スバル・フォレスターの男」
となっています。なので、
「正しい思いを奪う存在 = スバル・フォレスターの男」
となることも示したいと思います。

海辺のカフカ』の相互メタファー

転結

 通常、メタファーは「~のような」という表現を使わない比喩として、多くの人に解説されてきました。それもメタファーのもつ意味なのですが、著者の使うメタファーは「概念メタファー」を言っています。(比喩表現としてのメタファーを理解できる仕組みです。)

 

while-boiling-pasta.hatenablog.com

 

 概念メタファーとは、

”概念メタファー(がいねんメタファー)とは、認知言語学の用語で、「ある概念領域を別の概念領域を用いて理解する事」と定義される。ジョージ・レイコフとマーク・ジョンソンによる Metaphors We Live By で提唱された。” ーwikiより

 

 著者の使うメタファーが「概念メタファー」である根拠は、以下の文からです。

 

”「そうだ。相互メタファー。君の外にあるものは、君の内にあるものの投影であり、君の内にあるものは、君の外にあるものの投影だ。(以下略)」” ー『海辺のカフカ 下巻』P.271

 

 本記事では詳しく扱いませんが、メタファーの「相互作用説」を機にメタファー研究が隆盛し、「概念メタファー」について言及されるようになったとの事です。

 

 

騎士団長殺し』に関する批評の一部には、歴史修正主義に対抗する作品だとするものもありますが、私の読み方は違います。「物語の統一を読む」には、一見全く関係がないと思われる、南京事件アンシュルスと「スバル・フォレスターの男」を結びつける主題を見つけることです。その手順を踏まずには、批評はできません。

1Q84』の ふくろう型の巫女

起承

 村上春樹著『1Q84』では、主人公にハシシを勧める安達クミが登場します。こちらは、「人間がかつて自然の一部であった頃に戻す」事を目標に、ハシシで「社会で共有されている認識システム」を吹き飛ばし、「個人に根差した認識システム」を呼び覚まそうとする行為です。

 

while-boiling-pasta.hatenablog.com

 

騎士団長殺し』において著者が問題提起し、最も恐れていることは、「時代や環境や立場さえ違えば、自分が捕虜の殺害を命じ、自分が捕虜の首を切り、自分が捕虜として首を刎ねられた」という思いです。

二重メタファーの例

起承転

 例えば、ローマ帝国の繁栄は、奴隷制侵略戦争を前提としていました。ある時代には魔女狩りがあり、ホロコーストがありました。それらは、「社会で共有されてしまった認識システムの暴走」によって起こりました。その時、彼らは「正しい想い」を奪われていました。これが「二重メタファー」だと思います。

(私個人の歴史観からすると、今を生きる私たちが過去の出来事について善悪を判断することは、危険なことだと思っています。)

騎士団長殺し』では、嫉妬に狂った主人公は、夢の中で「フォレスターの男」となり、妻を絞め殺してしまいます。つまりその悪夢によって、加害者にも被害者にもなり得る自分を見せつけられます。主人公が強い嫉妬心に駆られるのは、妻に対する愛からです。その「正しい想い」が、「フォレスターの男」に奪われています。

 奴隷制侵略戦争も、魔女狩りホロコーストも、もちろん南京虐殺も、全て私たちと同じ人間が行ったことを忘れてはなりません。個別に悪を論じても、その判断も同じ人間が行っていることです。過去の出来事やその歴史認識も含め、その全てが「二重メタファーの養分となっている」との著者のメッセージを読まなければなりません。

 そして、「歴史修正主義に対抗する作品」とする読み方は、それ自体も『二重メタファー』によって「正しさ」を奪われています。

 

while-boiling-pasta.hatenablog.com